blog and news

23Jul2015

kyoto university research activities

IMG_1878

kyoto university reseach activities (magazine in english) vol.5 no.1 is out last month, with my drawing on cover – field office in ashiu-forest, miyama, kyoto prefecture, built in 1931.

今年度表紙を描かせて貰っている京都大学の外国向け研究紹介冊子最新号が先月出ました。6月号の内容は(京都の外を含め)各地にある京大の施設の紹介で、市外施設と言うのは大体理系のものが多いため、特に生物に興味のある方には興味深い内容だと思います。

表紙の絵は、京都府美山の芦生フィールドセンターの建物(1931年築)です。なんだか林明子先生の森系のお話とか永田萌先生の絵に出てきそうなかわいい切妻ドーマーのおうち、という感じですが、一応堅い雑誌なので、苦手な木々も含め、写実的に描いてみました。

それにしても安保問題。京都でも今まで見たことも無いほどのデモがあり、近所にも例の毛筆カードを貼っている家々があります。

首相がフジテレビで「離れの火事」を例えにして「国民の理解を深めるため」説明用に作った模型は建築学科卒生によるものでしょうか。あの「火(?!)」の模型と解説、深すぎて私の頭では理解できませんでした…
小市民としてはただシンプルに「絶対に戦争になんかならないし、日本人がテロの標的になったり日本の国土が攻撃の対象になる可能性が高まるなんてこともありません(皆さんが理解して下さるまで説明を続けます)」とだけ自信を持って確約してくれればそれでよかったのにと思います

Your Comment