blog and news

9Nov2017

Mii-dera

I grew up in Otsu, near Mii-dera 三井寺(temple). Nagara elementary school district had many historic houses, but I lived in  3 different staff-quarters合同宿舎, 2 in Goryo-cho and 2 in Mii-dera-cho.

Now, via Google map (view photos), shocked to know the latter, Nagara danchi premises are sold, and buildings are demolished, while Goryo one looks empty as well as the nearby police quarters (where many of my classmates lived and I frequented).

I was searching google map of Otsu once in a while, check if the old houses I liked are still there or gone. It’s sad to know the ones I liked, with “western” salon wing sticking out (in Daimon-Dori, north of Goryo; remember the politicial Yamashita Ganri used to live in one of those). But I am more surprised about myself that I also miss 45-50 yrs old concrete-block danchis’, maybe more than the historic houses!

(大津市三井寺町大津長等合同宿舎、2009年12月撮影)

(大津市御陵町別所合同宿舎、2009年12月撮影)

時々グーグルマップで大津市をチェックして、昔の通学路で好きだった古い家々が健在かを追っています。三井寺近くの小学校区で、古い町家など子供心にも憧れの家が多く、「よかった、まだあった」とほっとしたり、「もう無い!!」と(どうしようもないのに)焦ったりしています。

うちの隣の町内にあった、「洋館応接間付き日本家屋」が並んでいたエリアにも空地が!確かそのうち1軒は、山下元利氏の家で(古い日本家屋で、1階手前の応接室だけ洋館風のもの。今大津名誉市民資料を見たら「大津市大門通17番8号」とありました)、小学校の運動会の来賓としてよく来られていたのを覚えています。

さて先ほど、いつもは見ない「長等合同宿舎」を何気なく検索してみたところ…なんと取り壊し中の写真が!2016年10月には売却して再開発に関する会合がもたれていたそうなので、今はもう更地かもしれません。ここには小3-4年の頃、1年住んでいました。

階下にY恵ちゃんが住んでいて、ただ同じ階段を使う部屋に引っ越したというだけで、「スクールカースト」でトップの彼女と遊べるのがとても嬉しかった引っ越しでした。振り返れば宿舎団地生活と言うのは、引っ越しも多い核家族ばかりなのに(そうだからこそ?)独特に密接な距離感だったと思います。

ついでに10年以上住んでいた「別所合同宿舎」と、クラスに必ず3-4人はここから通っていた「尾花川警察官舎」のグーグル写真をおそるおそる見てみたら…こちらもベランダは空で1階は窓にベニヤが打たれていたりして、既に末期の様相。

子どもの頃は「あー団地育ちって嫌だ嫌だ」と、クラスの子の(団地外の)家に呼んで貰うと本当に嬉しく、一番よく行かせて貰った小学校近くのN岩家の間取りや内装(応接間の南側の壁面には阪神タイガースの巨大な旗がかけてありました)、中学校近くのY沢家の大きな玄関やその奥の吹き抜け天井の台所などは、今も鮮明に覚えています。警察官舎に呼ばれるのも嬉しかったし、一学年上の(小学校東に当時新築された)大きくて素敵なM崎家をウンテイをしながら眺めて妄想するのも楽しかった。

でも、小学校時代の放課後の時間のほとんどは、自分の宿舎内で過ごしていたこともあって(運動も得意ではなく町内の友達も少なかったので、特に何をしていたというわけでもない一人外遊びですが)、やはり合同宿舎がなくなるというのは相当な「子供時代の思い出喪失感」です!

古い団地の再生プロジェクトが盛んですが、それは主にUR(都市再生機構)の団地の話。会社の社宅やお寺の職員住宅(渉成園東「スター型」の東本願寺第一正面役宅など大好きです)、そして合同宿舎などは、老朽化が進んで空き部屋も増えると、なかなかリノベーションに至らないのかも(でも公務員・警察官の数が減ったわけではないのに、どうして宿舎の空き部屋が急増してるんでしょう。一昔前と違って、公務員は若くから家を買ったり、狭い団地暮らしに耐える必要もなくマンションを借りられる、ということでしょうか)。土地活用や震災対策を考えるとしょうがないけれど、寂しい!

Your Comment