blog and news

23Aug2016

cebu, philippines

20160810Cebu (71)
pit señor! I went to Cebu this summer. I used to live there around 14 months in 2002-2003. I lived alone, worked only as part-time lecturer, being student but not enrolled in any course; so I was almost everyday at a loss “what should I do today.. another long day… just hope electricity and water doesn’t stop today.”

I simply felt loneliness (not a proud solitude like sagan or parisienne). Then in the end I found a new hobby, to draw old houses in Cebu everyday. It’s a rough sketch compared to the drawings I make now (which takes days to finish one A4 size), but still it was a therapeutic moment every morning, maybe similar to some people who does yoga or meditation.

13-14 years ago, I thought “what am I doing here. I am useless. I should go back to Japan now (but it wasn’t allowed for my Kyoto graduate programme; they said that students need to conduct at least continuous one-year `fieldwork’).” But this time, going to cebu as tourist, made me feel the lonely days had meanings. I think I could enjoy local culture (I love cebuano mariachi) much more than any other tourists or any academic field-worker this time!!

セブに行って来ました。夏休みの観光客としてです。といっても、そもそも私のようなフリーランスにとって「夏休み」は必要なのか…どちらかというと、集中できる、まとまった仕事時間のほうが必要なような…。で、特記するようなカッコいいこともしておらず、「朝プール、昼水着のままフライドポテト、午後5時間プール」みたいな日々でした。一応絵の道具セット持って行きましたが、旅先で絵を描くのって意外に大変です(でも毎回一応持っていくお守りみたいな感じ)。

改めて感動したのがセブのマリアッチ(レストランのテーブルを回って、リクエストした曲をギターやコントラバスの生演奏と共に歌ってくれるバンド)!日本語や韓国語の歌も練習してくれているのですが、やっぱりここは、彼らが2-3パートに分かれて合唱してくれるような、フィリピン人に馴染みの深いアメリカンオールディーズを頼みました。

ほかのテーブルはみな韓国人のお客さんばかりだったのですが、フィリピン慣れしているのか、外さないリクエスト(カーペンターズのトップオブザワールドとか、ホテルカリフォルニアとか、LetItGoとか、マリアッチが完璧に「ハモって」くれる曲)ばかりで本当に幸せ。

実は近年海外旅行が苦手なのですが(京都駅から特急で金沢とか高山に行けて国内もとっても楽しいのに、わざわざ空港で2時間つぶして、狭い飛行機の椅子で窮屈な思いをして、時差ぼけにあって、飛行機の排気ガスで自家用車のそれどころではない環境破壊をして…)絵はさらに滞るけど、ほんとマリアッチにはとても癒されたので、どこでもドアがあったら来年も行きたいなと思いました!

Your Comment